エ ンジン内燃焼のCFDシミュレーション

 
 
研究内容
適切な混合・燃焼のサブモデルを持つCFD(数値流体力学)は、
エンジンシリンダ内における熱発生過程ならびに環境影響物質の生成を
予測する有用なツールになり得る。
シミュレーションにより得られた混合気濃度、温度ならびに燃焼生成物の
空間的・時間的分布は、実機関の設計・運転パラメータの最適化に役立つ
情報を提供する。当研究室では、より有用なCFDシミュレーションの構築を
目指して、次のような研究を実施している。

1.FAE(Flame Area Evolution)モデルを用いた火花点火機関内燃焼のCFDシミュレーション
2.確率過程論混合モデルにより混合気濃度・温度の不均一性を考慮したCFDによる天然ガスPCCI機関の燃焼シミュレーション
3.ポスト噴射によるすす低減理由の解明

CFD-Code
 ・FIRE
 ・Converge
 ・StarCD