噴霧燃焼のCFD解析


研究内容

適切な混合・燃焼のサブモデルを持つCFD(数値流体力学)は、
エンジンシリンダ内における熱発生過程ならびに環境影響物質の生成を
予測する有用なツールになり得る。
CFDシミュレーションの精度を向上させるために、定容燃焼場における
噴霧を対象としてCFD解析を行い、実験結果と比較し、化学反応モデルや
噴霧・燃焼計算用サブモデルの開発を行っている。