ガスエンジン(バイオガス、副生ガス)



研究内容

内燃機関から発生するCO2を抑制する手段のひとつとして、再生可能で
カーボン・ニュートラルな性質を持つバイオマス資源の利用が注目されている。
様々なバイオマス資源の中でも賦存量の多いメタン発酵バイオガスは、
発熱量が天然ガスの半分程度しかなく、発酵の原料や条件によって
ガス組成や発熱量がさまざまに変化する。
当研究室では、メタン発酵バイオガスをエンジンで有効利用する方法の
ひとつとしてディーゼルデュアルフューエル(DDF)方式に着目し、
汎用ディーゼルエンジンにおけるバイオガスの高効率利用に
関する実験研究を実施している。