ディーゼルエンジン

 
研究内容

ディーゼル機関は熱効率が高く、他の熱機関より出力あたりのCO2排出量が
少ないという利点がある反面、窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)の排出が
問題である。当研究室では高出力・高効率なクリーンなディーゼル機関を実現するために、
電子制御高圧噴射システムを備えた単気筒直接噴射ディーゼル試験機関を用いて、
PCCIなどの新燃焼方式を含めた燃焼制御、ならびに新燃料や排気後処理に関する
実験研究を実施している。