LESによる噴流および火炎の数値解析


研究内容

定常、非定常燃料噴流の燃焼では、噴流への空気導入が非常に重要な過程となることから、
効率的な燃焼制御のために、その流動および混合について理解を深める必要がある。
乱流混合は本質的に非定常な現象であることから、当研究室では、
非定常流動現象を予測できる数値流体力学(CFD)手法の一つである
ラージエディシミュレーション(LES)の開発を行っており、これにより、
噴流の発達ならびに混合過程の解明を試みている。