レーザー計測による噴流の混合過程および燃焼過程の解明



研究内容

空気―燃料の混合は、各種燃焼システムの中で基本かつ重要な過程である。
効率的な燃焼制御や有害物質生成の予測・抑制のためには、
その流動および混合について理解を深める必要がある。
そこで当研究室では,PIV(粒子画像流速測定法)、LIF(レーザー誘起蛍光法)等の
各種レーザー計測法を用いて、自由噴流・噴流火炎の流動、濃度および温度の計測を行い、
噴流の混合過程の解明を試みている。