多段噴射ディーゼル燃焼の解析

 
研究内容

多段噴射を用いるディーゼル機関の燃焼制御・排気改善に必要な基礎データを
提供するために、急速膨張圧縮装置(Rapid Compression Expansion Machine : RCEM)と
呼ばれるエンジンの圧縮・膨張行程を一度だけ実現する機関を用いて、
多段噴射による混合気形成や着火・燃焼過程についての基礎研究を実施している。
また、天然ガス−ディーゼルデュアルフューエル方式の燃焼についても解析を
行っている。